MENU

銀座カラーは中途解約可能!ただし違約金が発生するので注意!もちろんクーリングオフもOK!

国内トップクラスの人気とシェアを持つ銀座カラー。とても高く評価されていて、実際に利用している方もたくさんいらっしゃると思います。また、これから利用したいと思っている方も多いでしょう。

 

しかし、何らかの事情で中途解約したいこともあるかもしれませんね。そこで今回は銀座カラーの解約方法や違約金についてまとめました。

 

銀座カラーの解約方法

まずは銀座カラーの解約方法をチェックしてみましょう。

 

コールセンターで解約手続き

一般的な脱毛サロンは通っている店舗から解約手続きを進めていくことになるのですが、銀座カラーはコールセンターに電話して解約手続きを進める形を採用しています。

 

普段お世話になっているスタッフに解約の旨を伝えるのは少々気が引ける…という方も多い中、コールセンターから解約できるようになっているのは助かりますね。

 

準備しておくもの

解約時に準備しておかなくてはならないものは以下の2点です。

 

  • 印鑑
  • 口座(通帳)
  • クレジットカード情報(カード払いの人)

なぜ通帳やカード情報が必要になるのかというと、返金があるからです。例えば8回の脱毛プランに加入していて、4回目の施術が終わった時点で解約するとします。すると残り4回分の料金は無駄になってしまいますよね。これを返金してくれるわけです。

 

違約金は発生するの?

銀座カラーは違約金はありません。しかし、解約手数料が発生し、これが実質の違約金となっています。

 

解約手数料はコースの残り施術回数に応じて決められています。計算式は以下の通りです。

 

支払い総額-1回あたりの料金×利用回数

 

ただし解約手数料の上限は最大2万円となっているため、これ以上の解約手数料が発生する心配はありません。

 

例えば10回10万円のコースを3回目まで使用した後に解約したとします。単純に考えて1回あたり1万円。残り7回分のお金は7万円。

 

ここから解約手数料10%(このケースだと7000円)が差し引かれる形になるため、実際に振り込まれる金額は6万3000円になります。

 

クーリングオフ制度も利用できる

銀座カラーの脱毛コースを契約してから8日以内ならクーリングオフ制度が利用できます。

 

クーリングオフを利用する際は以下の条件を満たしていることが前提となります。

 

  • 契約総額5万円以上
  • 契約期間が1ヶ月以上
  • 契約してから8日以内

クーリングオフが認められれば、契約金が全額払戻しで違約金も発生しません。

 

契約してから8日以降に解約した場合「中途解約」扱いとなり、解約手数料が発生する仕組みになっています。

 

終わりに

ということで今回は銀座カラーの解約について紹介しました。ポイントは以下の通りです。

 

  • 解約方法はコールセンターに電話する
  • 解約による違約金は発生しない
  • ただし解約手数料10%が差し引かれた金額が振り込まれる
  • 印鑑、通帳など解約時に必要なものを準備しておく
  • 契約から8日以内ならクーリングオフが使える

できれば解約せずに契約したコースを全て消化するのが望ましいのですが、どのような事情で通うことが難しくなるか分かりませんよね。今通っている人も、これからの銀座カラーを利用しようと思っている方も事前に確認しておけばより安心して脱毛に集中できるのではないでしょうか。

 

分からないことなどがあったら担当の人に相談しても良いですが、コールセンターに問い合わた方が良いと思います。

銀座カラー


お得な全身脱毛のキャンペーンをチェック


銀座カラーの公式サイトはこちら